スラッとしたふくらはぎになるぞ~!

スカートを履いたときに目立ってしまうふくらはぎやヒザ。
子どもをたくさん抱えたような「ししゃも」ふくらはぎや、お肉がたっぷりのっかっているヒザは、あまり魅力的とは言えませんよね。

足専用のクリームやジェルなどを使えば、もっと効果的にむくみを解消できますよ!

 

ヒザのむくみと疲れを解消!

実はヒザのヨコと裏には、『第二の心臓』とも言われる大切なリンパ節があります。
ヒザの裏側をモミモミしてみて、「じわーっ」と血流が流れる感覚があったら老廃物や疲れが溜まっているのだとか。むくみはもちろん、疲れを取りのぞく大事な部分でもあるのです。

■ヒザのマッサージ

【1】クリームやジェルを適量手にとり、ヒザのお皿にそって、外側から内側に親指で円を描くようにさすります。

【2】ヒザについたお肉をつまんで、左右違う方向にねじってマッサージします。

【3】ヒザの裏側を親指で押しながら揉みほぐします。

【4】両手をグーにして、ヒザの上部分を心臓方向に向かってさすり上げます。ヒザに溜まった老廃物が流れるようなイメージで。これを何回か繰り返します。

お悩みパーツNO.1!ふくらはぎ

ふくらはぎのむくみはとても目立ちますよね。とくに、後ろ姿では視線がいく場所。
さらにミニスカートや短いパンツをはいていない日でも、隠しようがない部位でもあるので、悩んでいる人も多いのです。

けれど、朗報ともいうべきか、実はふくらはぎは一番太さに変動がある場所。足がむくんだら顕著に太くなり、逆にマッサージをしてスッキリさせれば最も細くもなりやすい部分。
太くなるのも細くなるのも簡単というわけです。
これは、努力のし甲斐がありそうですね。

■ふくらはぎのマッサージ

【1】クリームまたはジェルを適量手にとり、ふくらはぎ全体に伸ばす。

【2】足首を両手ではさみ、ゆっくりとヒザのお皿の下あたりに向かって上へなで上げ、さらにお皿の下から今度はヒザの裏に流すようなイメージでマッサージ。

【3】スネの骨の両脇部分を親指で指圧します。足首から、少しずつ部位をずらして上方向へ向かって押していきます。

【4】ふくらはぎのお肉をつまんで、右手と左手を違う方向にねじりながらほぐします。お肉が柔らかくほぐれたら、足首からヒザの裏まで、老廃物を流すようにゆっくりとさすり上げます。

ふくらはぎは冷えやすく、心臓からも遠い部分なので、とにかくムクミやすい!ヒザ裏のリンパをしっかり刺激することと、心臓の方へ老廃物を流して戻してあげることがポイントです。これは全身のムクミ解消にも効果的なのだそうです。

タイプ別!ふくらはぎのストレッチ方法

太いふくらはぎには下の2つのタイプあります。

  • ただただプヨプヨとお肉がついてしまった
  • 運動しすぎて筋肉隆々のお肉がついてしまった

それぞれのタイプによって、脚やせの対処法も少し変わってきます。

■プヨプヨお肉タイプ

プヨプヨお肉のふくらはぎに効果的なストレッチがあります。まず、足をクロスに交差させて立ち、手を床につけるように前屈します。
痛いけど気持ちいいかな、と思うところでストップ!10秒我慢します。ヒザの裏をしっかり伸ばすことがポイントです。

■筋肉太りなタイプ

筋肉質のふくらはぎ向きのストレッチは、まず、しゃがんで前に手をつきます。
足はそのままで、手を前に少しずつずらしていきながら、四つん這いのポーズ。この時、かかとは床につけたままにします。ヒザ裏とふくらはぎが伸びることがポイントです。

マッサージと一緒にぜひ、試してみてくださいね。